ENJOY STAY HOME

【ENJOY STAY HOME】せどりは儲かる!?(概略編)

こんにちは、BOZU@田舎もんです。

今日はせどりビジネスについて書いてみたいと思います。

そもそもせどりって何!?という方のためにせどりについて解説しますね。

せどりとは

せどりとは、『同業者の中間に立って品物を取り次ぎ、その手数料を取ること。また、それを業とする人(三省堂 大辞林より)』を指しますが、一般的には古本用語を元にした「掘り出し物を第三者に販売して利ざやを稼ぐ」という意味の言葉です。

簡単に言うと、例えば海外のeBayから日本では販売されていない、または入手しにくい商品を購入(仕入れ)して、メルカリやヤフオク、Amazonで転売し利ざやを稼ぐということです。

せどりの種類

ではせどりにはどんな種類があるのでしょうか?

大きく分けて二つの種類がありますが、まずは先程紹介したeBayからネットで購入し、ネットで販売するもので、電脳(オンライン)せどりと呼ばれるものです。現在は電脳せどりが圧倒的に多いと思います。

次は、実店舗で仕入れて地域で開催されるフリマなどで販売するようなケースです。こちらはかなり以前から行われていた手法で、オフラインせどりとでも言っておきます。

当然ながらオンラインとオフラインの組み合わせも考えられます。実店舗で購入し、メルカリやヤフオク、Amazonで転売する、またはその逆パターンもあるでしょう!

但し、このケースの場合利ざやを稼ぐのが非常に難しいのと購入時、販売時とも時間と手間がかかってしまうのがネックです。

せどりで扱えないもの

せどりで扱えないものはありませんが、食料品などは利用するプラットフォーム(ヤフオクやメルカリなど)によって様々な注意点があるので留意しましょう!

あと、中古品を転売するには原則古物商許可が必要になります。でも、ヤフオクやメルカリでは中古品の出品をたくさん見かけますよね、なぜでしょうか?実は古物商許可が必要なケースと必要ないケースがあるのです。

商品を出品するのに許可が必要なケースは、営利目的、同種の行為を継続的、反復的に行う行為があるかどうかです。

利益を得る目的で古物の転売などを行う場合は、古物商の許可が必要となります。

継続的であるか、反復的であるかをどうチェックしているのかは定かではありませんが、とりあえずせどりをある程度生業としていくのであれば古物商の許可を得た方が良いでしょう。

普通に不用品を月に数回程度出品する程度なら古物商の許可は不要です。

世界一やさしい メルカリ転売の教科書1年生

せどりのポイント

徹底的な商品リサーチ

せどりで最も重要なのがどの商品を扱うのかのリサーチです。せっかく安く仕入れても、結果売れなくて在庫品になったり、原価割れでしか売れなかったら本末転倒ですよね。なので何の商品を扱えば儲かるのかを徹底的にリサーチすることが必要です。

ではどうやってリサーチするかというと、例えばヤフオクで「海外限定」「日本未発売」などのキーワードで商品検索します。そこでヒットした商品の落札相場価格を調べます。これはヤフオクの機能として装備されてますので誰でも簡単に調べることができます。

次にその商品の型番や品番、キーワードでeBayで検索をかけます。すると同じ商品がいくらで販売されているかがわかりますよね。例えばヤフオクで落札相場30,000円の腕時計がeBayで15,000円で売られていたとしましょう。この商品を転売すれば単純に50%の粗利ということになります。但し、送料や手数料も考慮する必要がありますので、これらを含めていくら儲かるのかを計算すれば良いわけです。

但し、掘り出しものを見つけるまでにはこの作業を何度も繰り返し行わないとそう簡単には見つからないでしょう。これには多少の経験とコツがあるのでまた改めて書きたいと思います。

自分が興味・関心のある商品を扱う

これもかなり重要なポイントです。何故なら自分が興味・関心がない商品を探す事にすぐに飽きてしまうからです。

自分が興味・関心のある商品ならリサーチもさほど苦になりませんし、相場価格もある程度想像がつくと思います。実際に売れた際の問い合わせなどにもスムーズに対応できるでしょう。

あとは売れずに在庫品となった場合でも、最悪自分で利用するという手があります。ここは難しいところですが、興味・関心のない在庫よりははるかにましだと思います。



どこで売ればいいのか?

これには正解はありませんが、手軽なのはやはりヤフオクかメルカリでしょう。それぞれ手数料が10%程度かかりますが、日頃どちらかを使っている方も多いと思うので、慣れている方で問題ないと思います。

私の場合も商品によってヤフオクとメルカリを使い分けるようにしています。このふたつに共通したデメリットをしいてあげるなら、発送作業は自分でやらねければいけないという事です。

一方、AmazonにはFBA(フルフィルメントby Amazon)という仕組みがあります。これは、Amazonの物流拠点(フルフィルメントセンター)に商品を届けることで、商品の保管から注文処理、配送、返品に関するカスタマーサービスまで、Amazonが代行してくれます。

もちろん商品は直接Amazonに納品させることができるのですべてオンラインで完結する電脳せどりの方法です。

但し、個人でFBAの申請をするのは少し敷居が高いので、よほど本格的にせどりを始めたい人でなければ、考慮しなくても良いと思います。

結局せどりは儲かるのか!?

答えはYESでもありNOでもあります。

大半の方は儲かる前に面倒くさくなって辞めてしまうのが実情です。もしせどりに関心があるのならまずは1点か2点試しにやってみることをおすすめします。

経験上1点、2点を先ほどの留意点に注意しながら徹底的にリサーチすれば少なからず儲かると思います。もちろん扱う商品の金額の多寡によって利ざやの額も変わってきますが、1、2万円のものであれば1点あたり数千円設けることはさほど難しくありません。

本格的にせどりを副業でやってみようと思う人は、商品リサーチツールなども駆使し緻密な商品リサーチと原価管理、在庫管理が必要になってきます。それでもやはり儲かる商品とそうでない商品が出てきますし、場合によっては部屋が商品倉庫みたいになっちゃう人もいますね、多くの人はここで挫折してしまうわけですね。

好きこそ物の上手なれのことわざのとおり、せどりも好きじゃないと長続きしませんし、逆に好きなら継続的に利益を出すことも可能だと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です