その他

【住みよさランキング2019】1位 白山市の魅力とは!?住人目線で解明してみた

こんにちは、BOZU@田舎もんです。

昨年のデータだが、東洋経済『都市データパック』編集部が毎年発表している住みよさランキングで我街「白山市」が堂々の1位に。今回は住人目線からその魅力を解明したいと思います。

まずは1位から25位までのランキングをご覧いただこう。

ランキング結果

(出所)東洋経済オンライン

石川県白山市が、2位の東京都文京区と総合評価偏差値で130ポイント以上の差を付け堂々の第1位となっている。これ自体住人である私も驚きの結果だが、さらに驚かされたのは北陸(石川・富山・福井)3県が25市区町村中11市町村ランキング(赤枠参照)されていることだ。

指標は、「安心度」「利便度」「快適度」「富裕度」の4指標での総合評価だが、白山市の「快適度」は全国812市区町村中8位と上位にランクしているものの、その他の指標はさほど高くはない。ということは、全体のバランスの良さが好結果に繋がったと考えられる。

「安心度」「利便度」「快適度」「富裕度」の大括りだけではわかりにくいので詳細をみてみよう。

「住みよさランキング2019」算出指標詳細

A.安心度

  1. 人口当たり病院・一般診療所病床数(2017年10月):厚生労働省「医療施設調査」
  2. 老年人口当たり介護老人福祉・保健施設定員数(2017年10月):厚生労働省「介護サービス施設・事業所調査」
  3. 20~39歳女性人口当たり0~4歳児数(2018年1月):総務省「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数」【新】
  4. 子ども医療費助成(対象年齢・所得制限の有無)(2019年6月):東洋経済調べ
  5. 人口当たり刑法犯認知件数(2017年):各都道府県警察調べ
  6. 人口当たり交通事故件数(2017年):交通事故総合分析センター調べ

B.利便度  

  1. 人口当たり小売販売額(2015年):総務省・経済産業省「経済センサス活動調査」
  2. 人口当たり大規模小売店店舗面積(2018年):東洋経済「全国大型小売店総覧」
  3. 可住地面積当たり飲食料品小売事業所数(2016年6月):総務省・経済産業省「経済センサス活動調査」
  4. 人口当たり飲食店数(2016年6月)総務省・経済産業省「経済センサス活動調査」

C.快適度 

  1. 転出入人口比率(2015~2017年):総務省「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数」
  2. 人口当たり財政歳出額 (2017年度):総務省「市町村別決算状況調」
  3. 水道料金(2019年6月):東洋経済調べ
  4. 汚水処理人口普及率(2018年3月):国土交通省、農林水産省、環境省調べ
  5. 都市計画区域人口当たり都市公園面積(2017年3月):国土交通省「都市公園整備水準調書」
  6. 気候(月平均最高・最低気温、日照時間)(1981~2010年):気象庁「メッシュ平年値データ」

D.富裕度  

  1. 財政力指数(2017年度):総務省「市町村別決算状況調」
  2. 1事業所当たり売上高(2016年6月):総務省・経済産業省「経済センサス活動調査」
  3. 納税義務者1人当たり所得(2017年):総務省「市町村税課税状況等の調」
  4. 1住宅当たり延べ床面積(2013年10月):総務省「住宅・土地統計調査」
  5. 持ち家世帯比率(2015年10月):総務省「国勢調査」
  6. 住宅地平均地価(2018年7月):国土交通省「都道府県地価調査」

■ランキングの対象
2019年6月上旬時点で、全国にある市と特別区(東京23区)が対象。特別区のうち、千代田区、中央区、港区の3区は対象から除外しており、812市区を対象としている。
■算出指標
「安心度」「利便度」「快適度」「富裕度」の4つの視点から、22のデータを用いて算出。
■算出方法
各指標について、平均値を50 とする偏差値を算出。すべての指標の偏差値を平均したものを「総合評価」としている。

(出所)東洋経済オンライン

各指標の結果の考察

安心度=6指標、利便性4指標、快適度=6指標、裕福度=6指標での偏差値の平均ということだが、快適度8位というのは住人から見ると何となく頷ける結果だ。

そもそも白山市は、松任市、美川町、鶴来町、河内村、吉野谷村、鳥越村、尾口村、白峰村が合併し、平成17年2月1日に誕生した市で、人口は約116,000人の石川の中核都市であり、隣接都市にはランキング20位の金沢市をはじめ、ランキング3位の野々市市、ランキング8位の能美市がある。

白山市、野々市市、能美市は金沢市までの交通アクセスも良く、金沢市のベッドタウンとして発展してきた歴史があり、白山市の人口に関しては、2015年をピークにほぼ横這いの状況が続いている。 

一方、県内最大の面積を誇る白山市には、白山国立公園や松任総合運動公園、樹木公園、パーク獅子吼など広大な公園が多いので、人口当たりの公園面積が高いのは容易に想像がつく。

確かに医療費や水道料金の安さも全国的に見て上位にランクしているらしいので、総合的に見て快適度が8位にランキングされたのはなるほどの結果だ。

その他の指標についても詳細はわからないが、順位だけ見れば相対的に高いことが総合順位1位に押し上げた要因と思われる。

あと、北陸地区が上位25中11市区町村を占めているのは、何ともコメントし難いが、共通して持ち家率の高さや共働き比率の高さ、人口あたりの犯罪率の低さなどが要因ではないかと推察できる。

住人目線での白山市の魅力とは!?

ここからは住人目線での白山市の魅力をおつたえしたい。

自然豊かな程よい田舎さ

白山市は南北に長く、海や山など自然豊かであることから地形的変化に富み、四季折々でさまざまなアウトドアを楽しむことができる。夏は登山やキャンプ、バーベキュー、釣り、冬はスキー・スノーボードなどが楽しめる場所が多数あり、県外からのアクセスも多い。

また、富士山、立山と並ぶ「日本三名山」のひとつで、白山市のシンボル的な存在である、霊峰「白山」を拝むことができ、白山の麓には日本全国に2,000社以上もある白山神社の総本山である「白山比咩(ひめ)神社」もあり、石川県随一のパワースポットとしても有名である。

私個人の一番の魅力は、田舎暮らしでありながら、隣接する金沢市の恩恵をすべて享受できるのところだろう。金沢市は北陸新幹線開業で全国有数の観光都市へと変貌し、もともと加賀百万石の城下町として伝承されてきた伝統文化と近代文化が調和したとても魅力高い街だ。また、海の幸や山の幸など食文化も根強い人気を誇る。そんな金沢市へのアクセスも良く、買い物や通勤に困ることのない白山市はとても恵まれた街だと思う。

以上のような恩恵を受けつつ、自然豊かで程よい田舎さが白山市の魅力と言えよう!

脈々と受け継がれた伝統文化も豊富

我街白山市の旧鶴来町で毎年10月初旬に開催される祭り「ほうらい祭り」など脈々と受け継がれた伝統文化も豊富である。

「ほうらい祭り」とは、白山市鶴来地区にある金劔神社(きんけんじんじゃ)の秋季例大祭にともなって催される行列神事で、約800年前にその原形となるものが始まったと言われる。1970年から、地元の商工会などの発案により、観光振興のため「ほうらい祭り」と通称するようになった。金劔宮(きんけんぐう)の神輿を先頭に、邪気を払う棒振りの役目を果たす獅子方と、神への感謝を表すために作られた武者などの人形の造り物から成る神輿渡御の行列が白山市鶴来地区(旧鶴来町の中心地区)を二日間掛けて練り歩く伝統的祭りである(ウィキペディアより)。

「ほうらい祭り」以外にも、白峰地区の「雪だるままつり」や鳥越地区の「一向一揆まつり」、美川地区の「おかえり祭り」が有名。

美味しい食文化

白山市には、お米をはじめ野菜、果物や水産物も豊富で、加賀野菜を扱うお店も多い。蕎麦畑が盛んであり美味しいお蕎麦のお店も多い。オススメのお蕎麦屋さんはこちらの記事をクリック

また、老舗の酒蔵が多く「萬歳楽」が有名な小堀酒造や、「手取川」が有名な吉田酒造、他にも車多酒造、菊姫、金谷酒造などがある。

食のまち金沢の隣接ということもあり、多くの加賀料理を堪能できるのもおきな魅力だ。

「住みよさランキング」の結果はさておいても、我町白山市はとても住みやすい田舎町だと実感している。

都会の喧騒から離れ、是非一度白山市にお越しいただきたいと思う。また、白山市は移住者の受け入れにも積極的なので、田舎暮らしに関心のある方は是非下記のHPもご覧いただければと思う。

いいとこ白山 2017年に開山1300年を迎えた霊峰「白山」がそびえる白山市には、長い時間をかけてゆっくりと育まれた歴史や文化、風土といった...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です