その他

あなたはメガネ派?コンタクト派?20年以上のコンタクト愛用者がメガネに変えてみてわかったこと。

こんにちは、BOZU@田舎もんです。

冒頭から余談ですが、この記事でブログ開始からちょうど50記事目の節目の記事となります。最初は書くこともままならない状態で試行錯誤が続きましたが、ブログ開始から1ヶ月半で何とか50記事書くことができました。

これもご購読いただいた皆様のお陰だと思っております。まだまだ初心者の域を脱しませんが、今後とも宜しくお願いします。

で、50記事目の節目の今回は、20年来コンタクトで暮らしてきた私が、メガネの生活に変えてみてわかったことをまとめてみたいと思います。

メガネのメリット

もうご承知だと思いますが、メガネとコンタクトそれぞれメリットとデメリットがあります。ちょっとおさらいしてみます。それぞれのメリット、デメリットは裏腹なので、それぞれのメリットについてポイントを整理してみますね。

まずはメガネのメリットをみてみましょう。

コンタクトのメリット

続いてコンタクトのメリットです。

それぞれを裏返せば、デメリットということになります。

コンタクトを使い続けた理由

私が20年以上コンタクトを利用してきた理由は、コンタクトのメリットのすべてを享受できたといっても過言ではないでしょう。特にメガネでは風呂に入った時に何にも見えないのがとてもとても不便で苦痛でした。

あっ、ちなみに私の視力は 0.05以下で、ワンデイのコンタクトを利用してきました。

ですので、40歳くらいまではコンタクトがとても快適でした。しかし、40歳を過ぎた頃から徐々に老眼が進み、45歳頃になるとコンタクトに加え老眼鏡(リーディンググラス)が欠かせなくなりました。いわゆる両刀使いという奴です。

これが実に面倒臭いんですね。常に老眼鏡を持ち歩かなきゃいけないし、見るものによってつけ外しが必要になるのです。この頃から徐々にメガネの方が生活し易いにかなあ。。。と思い始めました。

程なくしてうつ病を患い、外出する機会がメッキリ減ったのと、コンタクトを買うお金がもったいないこともあって1年くらいメガネ生活を送りました。

コスト比較

うつ病になって仕事を失い、改めてお金の大切さを思い知らされたのもあって、仮に今後20年間コンタクト(ワンデイ)を使う場合とメガネで生活する場合のコスト比較をしてみました。

私が使っていたワンデイのコンタクトはかなり安くて眼の渇きもない非常に凄れものでした。ちなみに「クレオワンデーUV」という製品です。

いつも楽天で買っていましたが、30枚入り6箱セットで6,900円ですので、90日分で1日あたり77円でした。

一方メガネは購入価格がピンキリですが、こだわりがなければ遠近療養レンズ込みで15,000円程度ですかね。まあ概ね10年使うとして仮に2本使い回しするとして20年で4本なので、トータル60,000円。1日あたり82円といったところでしょうか。

こうしてみると値段は大差なさそうなので、あとは生活のしやすさで決めて問題ないという結論に至りました。

まとめ

正直うつ病を患い、強制的にメガネ生活を送ってみると、この歳になると案外メガネの方が物凄くラクだと感じました。

というのはやはり近視と老眼を補う遠近両用メガネの使い勝手がとてもいいからです。スマホを見る時にもいちいち老眼鏡をつける必要もないですし、更に細かい字を読む時でもメガネをはずせばいいだけですからね。

あと、今までメガネが似合わないと思い込んでいたのですが、慣れてくると不思議なもので逆にメガネの方が自分の顔立ちに合っているような気もしてきました。

なのでこれからはメガネ派として生活していこうと決意しました。

但し、私は毎回自分でバリカンを使って坊主頭にしているので、その時だけはコンタクトをしないと全く見えなくてそれこそトラ刈りになってしまうんですね。なのでその分のコンタクト在庫だけは確保しておきたいと思います。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

今後とも当ブログサイトを宜しくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です