ライフスタイル

俄ヤクルトファンと言われてもいい。今年は奥川君の応援に勤しみたい!

こんにちは、BOZU@田舎もんです。

唐突ですが、私は今年からヤクルトファンになると決意しました!理由はもちろん2019ドラフト1位の奥川恭伸(おくがわ やすのぶ)君を応援するためです。

奥川投手(写真左から二人目)

星稜高校時代の奥川投手

奥川君は同郷の石川県星稜高校出身で、あの松井秀喜さんの後輩に当たります。星稜高校野球部は言わずと知れた県内屈指の強豪校で、県内のみならず全国にもファンを有する高校野球の名門校です。

そんな星稜高校から久々に全国区で注目を集める名選手奥川君がドラフト1位でヤクルト・スワローズから指名されました。

昨年の夏の大会では決勝まで駒を進めましたが、惜しくも履正社高校に3-5で破れ、北陸勢初の優勝とはなりませんでしたが、奥川君の力投には全国のファンが魅了されたんではないでしょうか。

そんな石川の星奥川君を応援すべく今年はヤクルトファンとなって、徹底的に奥川君の応援に勤しみたいと思います。

奥川投手の魅力

何故私が奥川君が好きなのかというと、その巧みなピッチングもさることながら、彼の性格の良さです。地方予選はTVですべて観ましたが、彼が涙を見せるのは負けた時ではなく勝った時でした。彼には相手の選手を思いやる優しい心があります。

以前チームメイトだった選手が夏の大会の地方予選では対戦相手となり、そのチームに勝利した際に、最初は笑顔だった奥川君でしたが、かつてのチームメイトに「奥川、甲子園で優勝してこの悔しさを晴らしてくれ!」と声を掛けられた際、彼は号泣したのです。

そんな奥川君の人を思いやる心や、かつての仲間を大切にする気持ちがとても伝わってきた一コマに心打たれ、思わずもらい泣きしてしまいました。

彼の謙虚さや寡黙さは、先輩である松井秀喜さんに通ずるものがあると思っています。

奥川投手の基礎データと野球歴

奥川君の基礎データはざっとこんな感じです。

名前:奥川恭伸(おくがわやすのぶ)

生年月日:2001年4月16日(19歳)

身長:183cm

体重:84Kg

出身地:石川県かほく市

出身校:宇ノ気小学校 → 宇ノ気中学校 → 星稜高校

甲子園通算成績 11試合 82回2/3 与四球10 被安打48 WHIP:(10+48)÷82.66回 WHIP=0.70

※WHIPとは、投手の安定感を判断する値で、1イニングあたり、何人の走者を出すかを知ることができる。いかにランナーを溜めないか、つまり投手の安定感を判断することができる。

野球を始めたのは、宇ノ気小学校2年生の時で、宇ノ気ブルーサンダーでチームメイトであった山瀬慎之助君(2019巨人ドラフト5位)と高校までバッテリーを組んでいた。宇ノ気中学校3年生の全国中学校野球体育大会では投手として全国制覇に貢献するなどまさに野球漬の生活を送ってきたようです。

直近の動向

そんな奥川君ですが、昨日(6月12日)、ヤクルトのファーム球場である埼玉・戸田球場でシート打撃にプロ初登板しました。打者11人と対戦し、1安打1四球、4三振を含む9つのアウトを奪うなど仕上がりの良さを伺わせる内容でした。

昨日は最速153キロの直球とカーブ、フォーク、ツーシームを織り交ぜた巧みなピッチングで奥川らしさも垣間見れたようです。

頑張れ!奥川!

開幕は、まずはイースタン・リーグスタートだと思いますが、早ければ最短で6月19日、西武との開幕戦(戸田球場)でデビューするのではないでしょうか。今から楽しみでしょうがありません。

奇しくもプロデビューの年がコロナ禍元年ということで、試合数、登板機会もある程度制限されると思いますが、1日でも多く奥川君のピッチングを楽しみながら美味しいお酒を飲みたいと思います。

がんばれー、奥川!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です