ガジェット

『最近自宅のネットが遅い』と感じたらWi-Fiルータを疑ってみよう!

こんにちは、BOZU@田舎もんです。

今朝の「スッキリ」でも特集していましたが、最近は自宅にいる時間が長くなったことや、在宅ワークなどの影響もあり、自宅でWi-Fiを使う時間が増えてきています。

今では家庭になくてはならなくなったWi-Fiですが、実際にWi-Fiを利用していても、その仕組みをよくわからないまま使っている方も多いのではないでしょうか?

最近何となくネットが遅いと感じている方もWi-Fiの正しい基礎知識があれば、改善できるかも知れません。

ということで、今回は初心者向けにご自宅で利用するWi-Fiの基本から応用までを解説していきたいと思います。

Wi-Fiとは

Wi-Fiとは、無線通信の規格の名称で「無線LAN」と呼ばれることもあります。ご利用の端末(スマートフォンやパソコン、ゲーム機など)が無線経由でネットに繋がるための仕組みのことを指します。

このWi-Fiの仕組みを利用してネットに繋ぐ装置のことを「W-Fiルータ」や「無線LANルータ」と呼びます。

同じWi-Fiルータでも、光回線などの固定回線を自宅まで引き込んで家庭内をWi-Fiで利用する方法(ドコモ光など)と、工事不要で電源に接続するだけで利用する方法(Softbank Airなど)に大別することができます。これ以外にも外出先でWi-Fiを利用する方法(ポケットWi-Fiなど)もありますが、ややこしくなるのでここでは触れません。

前者は外は有線、家庭内は無線(Wi-Fi)、後者は外も家庭内も無線で通信するという違いがありますので、ご自宅のWi-Fiがどちらのタイプなのか確認しておきましょう。

今回は前者の光回線などの固定回線を自宅まで引き込んで、家庭内をWi-Fiで利用しているケースを想定してトラブル対処法などを解説していきます。

Wi-Fiルータの種類(規格)

Wi-Fiルータ(無線LANルータ)は規格(通信速度など)の違いによりいくつかの種類があります。

下表は、下へ行くほど新しい規格ということになります。

今普通にWi-Fiルータを購入すれば最新もしくは1世代前くらいの規格の製品なのでさほど心配する必要はありませんが、購入してもう何年も経っている方は、通信速度が大幅に向上する場合もありますので、買い替えを含めて検討してみるのも良いでしょう。

規格周波数帯最大通信速度
IEEE802.11b2.4GHz11Mbps
IEEE802.11g2.4GHz54Mbps
IEEE802.11a2.4GHz , 5GHz54Mbps
IEEE802.11n2.4GHz600Mbps
IEEE802.11ac5GHz6.9Gbps
IEEE802.11ad
(WiGig)
60GHz6.8Gbps
IEEE802.11ax2.4GHz , 5GHz9.6Gbps
NTT西日本公式HPより

上記のように規格の違いによって最大通信速度に大きな違いがあります。現在利用しているWi-F-ルータがどの規格に対応しているのか確認してみましょう。空箱や説明書があれば記載されていますし、残っていなくても本体に記載がある場合が殆どだと思います。

IEEE802.11adやIEEE802.11axという規格は比較的新しいので、まだ対応製品も限られ、比較的高額なので今回の選択肢からは一旦除外しますが、一番大きなポイントは、IEEE802.11nまでしか対応していないか、IEEE802.11acに対応しているのかという点です。

この違いだけで10倍以上の通信速度の差がありますので、ご利用のWi-FiルータがIEEE802.11ac対応か否かを今一度ご確認ください。

もしIEEE802.11nまでしか対応しておらず、通信速度に不満があるようでしたら、迷わずIEEE802.11ac対応への買い替えをおすすめします。

Wi-Fiルータで実績豊富ななバッファローの製品でも5,000円以下で購入できるので、以下のおすすめです。

周波数帯とその特徴とは

Wi-Fiは無線を利用するため必ず「周波数帯」を利用することになります。それぞれメリット、デメリットがありますので家庭環境に合った製品を選びましょう。

周波数帯特徴
2.4GHz【メリット】
壁や天井などの障害物に強く、離れた部屋でも比較的通信が届きやすい
【デメリット】
同じ周波数帯を利用する機器が多いため、電波干渉により接続状況が不安定になったり、通信速度が低下しやすい
5GHz【メリット】
無線LAN専用の周波数帯のため近隣住居や他の家電製品の電波干渉を受けにくく、接続状況が安定しやすく、通信速度の向上を見込める
【デメリット】
壁や天井などの障害物に弱く、2.4GHzより通信距離が短い
60GHz【メリット】
あまり使用されない周波数帯のため、近隣住居や他の家電製品からの電波干渉を受けにくい
【デメリット】
5GHz帯より障害物に弱く、通信距離も10メートル程度と短いため、別室や屋外で利用する通信端末には不向き
NTT西日本公式HPより

ネットが遅くなる原因とは!?

ネット(通信速度)が遅くなる原因は様々ですが、原因がWi-Fiルータにある場合が殆どです。以下にチェックするポイントをまとめてみましたので「最近ネットが遅い・・・」と感じたら是非確認してみてください。

Wi-Fiルータの規格が古くないか

先ほども書きましたが、もしお使いのWi-FiルータがIEEE802.11nまでしか対応していない場合は、是非IEEE802.11ac以上の対応製品への買い替えを検討しましょう!

Wi-Fiルータを再起動してみる

シンプルですが、これで改善されるケースも多いです。数ヶ月再起動していないようなら是非お試しください!

Wi-Fiルータの設置場所は正しいか

Wi-Fiルータには指向性のタイプと無指向性のタイプに分かれます。指向性のタイプは一定方向に電波が飛ぶことになるので、方向を意識した設置が必要となります。

無指向性タイプの場合は、電波が全方位(同心円状)に広がるために均一に電波が届くことになりますので、なるべく普段使う場所(リビングなど)の真ん中に設置するようにしましょう!

ノイズ干渉を受けていないか

2.4GHz帯の周波数は、電子レンジを始めさまざまな電気製品で使用されており、非常に混み合った帯域です。ノイズの干渉を避けるには、周波数帯を変える方が効果的です。

電波帯域を無線LAN以外で使用されることが少ない5GHzに変更すると、安定した通信ができるようになります。

5GHzは、合計19チャンネルもあるうえ、すべてが独立しています。2.4GHzが実質3つのチャンネルしか使用できなかったことと比べて、5GHzでは6倍以上もの量を使用でき、余裕がありますので周波数帯を5GHzに変更するのも有効な方法です。

但し、壁や天井などの障害物に弱く、2.4GHzより通信距離が短いというデモリットもあるのでご自宅の環境に合わせて設定してみてください。

中継機を設置してみる

それでも電波強度が弱い場合は、Wi-fi中継機を設置しましょう!設置場所や障害物等の影響で電波が届きにくい場合は、中継機を使うことでWi-Fiの電波を中継して届かなかった場所に電波を届けられます。既存のWi-Fi環境を手軽にエリア拡大できます。

電波強度を調べるにはスマホのアプリで調べることができます。おすすめは、I・O DATAの『Wi-Fiみれる』というアプリです。

「Wi-Fiミレル」は、数字やヒートマップでWiFiの電波強度を可視化できるアプリです。

アプリ名Wi-Fiミレル
開発者I-O DATA DEVICE, INC.
価格無料
対応OSiOS 9.3以降、Android 4.4 以上
ダウンロードiOS:ダウンロードページ
Android:ダウンロードページ

もし上記を試しても、ネットの速度が改善されないようなら光回線かプロバイダに原因がある可能性もあります。

光回線の場合はONU(光回線終端装置)またはHGW(ホームゲートウェイ)を再起動(電源オンオフ)してみるのも有効です。

まとめ

普段何気なく使っているWi-Fiですが、案外奥が深く専門知識が必要なのも事実です。通信速度が遅いと感じた場合、上記ポイントをチェックし、どうしても自己解決が難しい場合は、詳しい知人に相談するか、光回線のサービス提供事業者またはプロバイダに問い合わせてみましょう。

Wi-Fiを上手に使えば快適なネットライフを送ることができます。機械や難しい事が苦手な方もポイントさえ抑えれば大丈夫です。頑張りましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です