イボ取り用市販薬『イポケアEX』を1ヶ月使ってみた使用感と効果をレビュー

こんにちは、田舎もん坊主です。

お肌のトラブルで、シミやソバカスと並んで厄介なのがイボではないでしょうか。

ある程度年齢を重ねると「仕方がないもの」と諦めがちなイボですが、男女問わず「できれば何とかしたい」というのが本音だと思います。

私は男性なので、シミやソバカスは正直諦めていますが、イボは見た目もそうですが、触れた時の違和感を何とかできないかと思っています。

皮膚科での除去も考えましたが、それなりに費用もかかりなかなか通院の時間もとれないため、まずは市販のイボ取り薬を使うことにしました。

私が使用したのは、比較的手頃な値段で口コミ評価が多かった「イポケアEX」という角質ケア美容液ですが、1ヶ月使い続けたところそれなりに効果が感じられました。

今回はその使用感と効果をレビューしたいと思います。

この記事がおすすめの人

  1. イボでお悩みの方
  2. イボ取り用市販薬の購入をご検討中の方
  3. 角質ケアに関心のある方


イボの種類と原因

レビューの前に、まずイボの種類と原因についておさらいしておきます。

イボは大きく二種類に分けられます。

ひとつは“ウイルスが原因でできるイボ”、そしてもうひとつは“紫外線や加齢が原因でできるイボ”です。

ウィルスが原因のイボ

ウイルスが原因のイボは、ウイルスに感染することで起こるものですが、主に傷口などからウイルスが侵入し、皮膚感染することで発症すると言われており、若い人でも発症するイボです。

このため接触感染する可能性が高く、患部を手で触れることで身体の他の部位に飛び火したり、場合によっては他人に感染する場合もあります。

ウィルスの種類やその特徴によって「水イボ」や「石イボ」と呼ばれるようないくつかの種類に分かれます。

なお、ウイルス性のイボは自然治癒することもあります。

紫外線や加齢が原因のイボ

一方で紫外線や加齢が原因のイボは、長年の紫外線の影響や、加齢による皮膚の老化によって起こると言われています。

ウィルス感染のイボと違って突然起こるものではなく、長い年月をかけて徐々にイボができるのが特徴で、主に40代以降の人が発症する場合が多いイボです。

紫外線や加齢によるイボには大きく分けて2種類あり、「老人性イボ」とも呼ばれる「脂漏性角化症」と、「中年イボ」や「首イボ」と呼ばれる「軟性線維腫」があります。

「老人性イボ」は、直径数ミリから数センチのものが多く、少し盛り上がったものや突出したしこりになるのが特徴です。

「中年イボ」や「首イボ」は、数ミリ程度の突起した米粒状のものが多いとされており、皮膚が薄くて弱い部分にできやすいのが特徴です。

私は「老人性イボ」ですが、何年か前にも一度除去手術を行いましたが、また同じような場所にイボができました。

除去しても、繰り返し発症するのも大きな特徴です。

『イポケアEX』の使用感と効果

ここからは『イポケアEX』の使用感と効果をレビューしたいと思います。

主な成分

まず『イポケアEX』の成分ですが、角質ケアに有効な成分が多く含まれています。

  • ハマメリス花水
  • BG
  • エタノール
  • バチルス発酵物
  • ヨクイニンエキス
  • ウワウルシ葉エキス
  • リン酸アスコルビル
  • Mg
  • 紅藻エキス
  • 褐藻エ キス
  • 緑藻エキス
  • ヒアルロン酸Na
  • PG
  • グリセリン
  • メチルパラペン

主な特徴は、高濃度のヨクイニンエキス、バチルス発酵液、ウワウルシ葉エキスを配合されている点です。

ヨクイニンエキスは、ハトムギから抽出された植物由来成分で、代謝の低下やザラついた肌をケアするのに効果的とされています。

バチルス発酵液は、大豆抽出分の発酵植物プラセンタで、肌にハリとツヤと潤いを与えてくれます。

ウワウルシ葉エキスは、お肌に透明感を与えるハーブで、多くの美肌化粧品にも配合されています。

使い方と感想

『イポケアEX』の使い方はとても簡単で、入浴後または洗顔後、適量(1~2滴)を手に取り、顔や首などの気になるイボに塗布するだけです。 

普段使っている化粧水やクリーム等に1~2滴を混ぜて使用することもできます。

液はしっとりしており、もちろん痛みや痒みもありません。

朝晩の洗顔後に手軽にケアできるので、服薬や面倒なケアが苦手な方にはおすすめです。

1ヶ月使用した効果

使用前のイボの直径は5mm程度で、触った感じでもそれなりの凹凸があったので、正直あまり効果は期待していませんでした。

朝晩の洗顔後に約1ヶ月間使用しましたが、もちろん完全に除去はできませんでしたが以下の3つ効果がありました。

イボが小さくなった

正確に計測したわけではありませんが、見た目も触った感じも明らかにイボが小さくなりました。

直径で1mm程度小さくなり、凹凸感もかなりなくなったと感じています。

色が薄くなった

イボの色がかなり肌色に近くなり、見た目にも目立たなくなりました。

イボが小さくなったことももちろん嬉しいのですが、目立たなくなったことが何より嬉しく思います。

柔らかくなった

イボ自体が幾分柔らかくなった感じがします。

以前はもう少し硬くザラザラ感がありましたが、触ってもプニュプニュした感じになり、角質が変わったような感じがします。

以上が私が感じた3つの効果です。

まとめ

今回は、イボ取り用市販薬『イポケアEX』の使用感と効果をレビューしてみました。

私の場合は「老人性イボ」ということで、今回は塗り薬である程度の効果がありましたが、イボの種類毎にその治療法は異なります。

事前に皮膚科やネットなどで信頼できる情報を入手することをおすすめします。

イボは放置すると悪化するケースも多いので、なるべく早めに治療するのが望ましいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。