引き寄せの法則とは。効果のポイントはエネルギーと波動にある。

こんにちは、田舎もん坊主です。

皆さんは「引き寄せの法則」という言葉をご存知でしょうか。

「引き寄せの法則」とは、自分の思考や心の在り方によってイメージした現実を引き寄せるというというものです。

すべてのものにはエネルギーがありますが、思考にもエネルギーがあります。

思考のエネルギー次第で良いことも悪いことも現実のものとなるのです。

また、エネルギーによって生まれた波動は共鳴し、同じ波動を持つ人や出来事を引き寄せるようになります。

これが「引き寄せの法則」の基本的考え方になります。

つまり「引き寄せの法則」の効果を得るにはエネルギーと波動が大きく関係しているのです。

今回は「引き寄せの法則」のポイントとなるエネルギーや波動とは何なのか、どうしたら効果を得られるのかについてまとめてみたいと思います。

この記事がおすすめの人

  1. 引き寄せの法則について知りたい方
  2. エネルギーや波動に興味がある方
  3. 心豊かな生活を送りたい方


エネルギーと波動

エネルギーも波動も何となくイメージは湧くと思いますが、その実態が掴みにくいと思います。

まずはエネルギーと波動とはどういうものなのかについてポイントを整理してみます。

エネルギーとは

物理学におけるエネルギーとは「仕事をすることのできる能力」のことを指しますが、人やものを動かす原動力となるものです。

車を動かすにはガソリンや電気などが必要ですが、まさにガソリンや電気がエネルギーです。

エネルギーには位置エネルギーや運動エネルギー、熱エネルギー、電気エネルギー などさまざまなものがありますが、これらのエネルギーは常に同じ状態にあるわけではなく、状況によって別のエネルギーに変換されるのです。

例えば太陽光の熱エネルギーは太陽光パネルによって電気エネルギーに変換されますが、原子力発電や風力発電も同じことが言えます。

では思考や言葉が持つエネルギーとはどういうものなのでしょうか。

例えば、あなたが財布を落として困っていたとします。

それを見かねた人があなたにお金を貸してくれたら、きっとあなたはその人に感謝の気持ちを抱くと思います。

その思考が「ありがとう」という言葉のエネルギーに変換され、お金を貸してくれた人に伝わります。

お金を貸してくれた人は、その気持ちを受け取ることで嬉しくなったりやさしい気持ちになります。

このような一連の流れは思考のエネルギーが変換されることによって起こるのです。

特に感謝の気持ちや「ありがとう」という言葉は高いエネルギーを持っていると言われています。

感謝の言葉『ありがとう』の意味とパワーと効果については、下記の記事でまとめていますのであわせてご覧ください。

感謝の言葉『ありがとう』の意味とパワーと効果とは。

波動とは

エネルギーも波動もほぼ同じ意味ですが、エネルギーが波を起こす力そのものであるのに対し、波動はその力によって生まれた波(波動)のことを指します。

波動は空間を伝播し、同じ波動に共鳴します。

皆さんが日頃使っているスマホやテレビなども、発信側と受信側の周波数を合わせることで通信することができるのです。

波動は伝播・共鳴し、人の心にも大きな影響を与えます。

例えばスマホやテレビで明るいニュースを見たりすると心も明るくなりますし、逆に暗いニュースを見ると心まで暗くなります。

このように波動とは空間の一部に生じた状態の変化が、次々に周囲に伝わっていく現象のことを指し、このような現象は「波動の法則」とも呼ばれています。

「波動の法則」の詳細は下記の書籍が参考になりますので、機会があれば是非ご一読ください。

思考や言葉は現実になる

ここまで書いたように、思考や言葉のエネルギーと波動は人やものに大きな影響を与えます。

良い思考や言葉を使えば良い結果が生まれますし、悪い思考や言葉は悪い結果を生むのです。

例えば「今日は仕事で失敗しそうだ」と思い続けていたら、本当に失敗したということはありませんか?

これは不安や恐怖というネガティブなイメージに現実が引き寄せられた結果とも言えます。

このように不安や恐怖といったネガティブな思考や言葉は悪い結果を生むのです。

良い結果を生むためには、日頃から楽しさや豊かさ、感謝などポジティブなイメージと言葉を使うようにすればいいのです。

私は長らくうつを患いましたが、家族のありがたみや日々のささやかな生活に感謝し「ありがとう」や「素敵」という言葉を意識して使うようになってから、うつ症状も大きく改善し心も身体もとても健康になりました。

まさに「思考や言葉は現実になる」を体現したのだと思います。

行動することも大事

「引き寄せの法則」のポイントはエネルギーと波動であり、そのためには日頃の思考や言葉が大切と書きましたが、行動することも大事なことです。

占い好きの方ならご存知かも知れませんが、占いが当たったりハズレたりするのは、占いの鑑定結果に自分の行動を寄せていくかどうかなのです。

占いの結果だけを信じて何もせず待っていてもなかなか良い結果にはつながらないと思います。

結果を信じて、その結果になるように自ら行動を起こせるかどうかが重要なポイントです。

例えば占いで「あなたは第一志望の◯◯大学にきっと合格します」と言われたとします。

嬉しくなっただけで勉強もぜずに受験をしてもきっと合格しないでしょう。

「よし合格するために頑張ってみよう」という気持ちになって、自分なりに努力を続ければきっと良い結果につながると思います。

また、お金を引き寄せるのも同じことが言えます。

まずはお金がないことの不安や恐怖というマインドを手放し、今のままでもそれなりに満足ゆく生活ができるということを知ることが大切です。

その上で、もう少しお金があったら「こんなことがしてみたい」「あんなこともしてみたい」という夢を持ちながら、今以上に仕事やバイトに精を出してみることが結果的にお金を引き寄せることにつながるのです。

このように思考や言葉に加えて行動を起こすことが、良い結果を引き寄せるということを忘れないようにしましょう。

発したエネルギーの分だけ結果が出る

大きな結果を生み出すためには、大きなエネルギーが必要になります。

思いつきで思考や言葉を変え、行動しただけではなかなか結果に結びにくいと言えます。

三日坊主では結果が出ないのと同じで、継続することが大事です。

場合によっては一週間や一ヶ月でそれなりの結果が出ることもあれば、一年以上かかる場合もあります。

結果を求めすぎるのではなく、目的や目標を設定して自分のペースで努力し続けるようにしましょう。

努力するというのは無理をするという意味ではありませんので、努力を楽しむくらいの気持ちでやってみるのが良いと思います。

その積み重ねがやがて大きなエネルギーとなって、大きな結果を引き寄せることになるのです。

エネルギーの流れを意識する

エネルギーの流れも意識してみると良いと思います。

温度などもそうですが、エネルギーは高い方から低い方へ流れるようになっています。

妬みや怒りなどの感情が強い人や、いつも愚痴ばかり言っている人と長い時間一緒にいるととても疲れますよね。

これは自分のエネルギーがネガティブなエネルギーの方に吸い寄せられた結果と言えます。

ですので、なるべく明るくて素直で感謝することができるようなポジティブな人と接するようにしましょう。

逆に自分がネガティブな気持ちでいると、相手もネガティブな気持ちにさせてしまうという事も忘れないようにしてください。

エネルギーは常に循環していますので、滞らないように意識することも大切です。

思考や言葉、お金も自分や人の役に立つことにはケチらずにどんどん使うようにしましょう。

そうすればエネルギーの流れが良くなり、スムーズに結果を出せるようになります。

まとめ

今回は「引き寄せの法則」のポイントとなるエネルギーや波動とは何なのか、どうしたら効果を得られるのかについてまとめてみました。

ポイントを整理すると下記のとおりです。

ポイント

  1. 引き寄せの法則のポイントはエネルギーと波動
  2. エネルギーは仕事をすることのできる能力で人やものを動かす原動力
  3. 感謝の気持ちや「ありがとう」の言葉には高いエネルギーがある
  4. 波動は伝播・共鳴し、人の心にも大きな影響を与える
  5. 良い思考や言葉は良い結果を生み悪い思考や言葉は悪い結果を生む
  6. 良い結果を生むにはポジティブなイメージと言葉を使う
  7. 待っているだけでは良い結果にはつながらない
  8. 自分なりに努力を続ければ良い結果につながる
  9. 現状に満足できることを知る
  10. 結果を出すには継続することが大事
  11. 努力を楽しむくらいの気持ちが良い結果を生む
  12. エネルギーは高い方から低い方へ流れる
  13. 自分がポシティブでいれば相手にも良い影響を与える
  14. エネルギーは滞らないように意識する


日頃あまり意識しないエネルギーや波動ですが、少し意識してみると思わね良い結果を引き寄せることにもつながります。

「引き寄せの法則」を利用した怪しげなセミナーや商売もありますが、正しい知識を身につけて騙されないようにしてください。

何より依存しすぎないことが大切なので、自分を信じて自分らしく生きることを心がけるようにしましょう。

そうすればきっと心も健康になり、心豊かな生活を送ることができるようになると思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。