生涯現役!70歳定年制を見据えた在宅副業のすすめ

こんにちは、田舎もん坊主です。

「人生100年時代」と言われて久しいですが、2021年4月から「70歳まで働く機会の確保」を企業の努力義務とする改正高年齢者雇用安定法などの関連法が施行されました。

これまでの65歳定年をさらに5年延長したいわゆる「70歳定年制」が始まったのです。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/koureisha/topics/tp120903-1_00001.html

一方で従来まで当たり前と思われてきた「終身雇用制度」も崩壊が進み、今後私たちはどのように働きどのように暮らしていけば良いのでしょうか。

中高年の抱える問題

1980年代までは、55歳定年がスタンダードでした。

それが60歳になり、65歳に引き上げられ、ついに70歳にまで延長されました。

わずか30年余りの間に15年も伸びたわけです。

ちなみに1969年に放映が開始された国民的人気漫画の「サザエさん」の磯野波平は、定年間近の典型的な日本のお父さんという設定で、年齢は54歳とされています。

その背景には寿命が伸びたことで高齢化が進み、労働人口比率が下がり続けている現状があります。

また、それに伴う「年金問題」があるのも見逃せない事実です。

これらを踏まえれば、定年制の延長は自然な流れかも知れませんが、40代以上の中高年にとっては喫緊の問題として感じている方も多いのではないでしょうか。

  • 70歳まで働ける仕事はあるのだろうか?
  • 70歳まで働ける体力はあるのだろうか?

特に現在サラリーマンとして企業に勤めている方にとっては切実な課題です。

もちろん今回の法改正によって、努力義務ではあるものの各企業に対し

  1. 定年廃止
  2. 定年延長
  3. 再雇用

などによって、従業員が65歳まで働ける機会を作ることを義務づけていますが、そもそも希望退職を募る企業も多い中、同じ会社で働き続けることは難しい時代になっているのです。

副業を始める人が増えている

画像1

そんな時代背景もあって近年副業を始める方がとても増えています。

政府が積極的に推進していることや、コロナ禍で収入が減少していることも追い風になっています。

早い段階から副業を始めておく事で、万が一会社を退職した場合であっても、一定の収入を確保することができますし、将来的には副業を本業にする道も見えてくるかも知れません。

いずれにしても早い段階で自分の残りの人生のライフデザインを再設計しておくことが大事だと思います。

具体的には社会に通用するスキルや経験をしっかり棚卸ししておくことをおすすめします。

人は変化が苦手な生き物で、なるべく変化のない生活を求めがちですが、これからは如何に世の中の変化に柔軟に対応して生きていくことが大切な時代でもあります。

決して先延ばしするのではなく、早い段階から変化に柔軟な心と身体を作っておくことが、これからの人生を楽しむためにも重要なポイントになるのではないでしょうか。

しかし、歳を重ねると体力も衰えるため、肉体労働や長時間身体を拘束される仕事はだんだん難しくなるという現実もあります。

中高年こそ在宅副業を

私は中高年こそ在宅副業(ネットビジネス)が向いているのではないかと思います。

もちろん通勤などの体力的な面もありますが、在宅ワークならではのメリットがたくさんあるのです。

これまでの社会人生活で培った経験やノウハウは会社に通勤しなくても、テレワークでも伝授したり継承したりすることができます。

また、機密情報でなければブログなどの個人メディアを使って知的な資産として蓄積・発信することもできます。

ブログは副業としても人気があり、中高年の方の豊富な人生経験はとても資産価値が高く人気のあるコンテンツとして注目されています。

ブログは継続するのが難しいと言われるネットビジネスですが、モチベーションさえ続けば本業を超える収益を稼ぐことができるビジネスで、パソコンとネット回線さえあれば比較的手軽に始めることができます。

また文章を書く事は脳トレのそものであり、老化防止や若返りにも効果があります。

もちろん在宅副業のメリットはブログに限った話ではありませんが、早い段階からネクストステージを意識して副業に挑戦することをおすすめします。

アフィリエイトブログの詳細については、下記の記事でまとめていますのであわせてご覧ください。

人気の副業『せどり』と『アフィリエイトブログ』おすすめはどっち?

まとめ

今回は70歳定年制を見据えた在宅副業のすすめについて書いてみました。

一度きりの人生ですから、これまでの経験や価値観だけに囚われるのではなく、世の中の変化に柔軟に対応しながら、何歳になっても自分らしく生き生きと暮らしていきたいものですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。