フッ素配合の歯磨き粉は身体に悪い?気になる方はオーガニック歯磨き粉がおすすめ

こんにちは、BOZU@田舎もんです。

皆さんがお使いの歯磨き粉はフッ素配合のものでしょうか。

あまり気にしている方もいないかも知れませんが、歯磨き粉にはフッ素が配合されているものと配合されていないものがあります

このフッ素が「身体に悪影響」という意見と「悪影響はない」という意見があるので、今回はその辺本当のところどうなの?ということで書いてみたいと思います。

フッ素とは?

純粋なフッ素(F2)とは気体で、他の物質とくっつく性質があり、自然界ではフッ化ナトリウム(NaF)などの化合物として存在しています。

ですので、歯磨き粉などに配合されているのは、フッ化ナトリウム(=フッ素化合物)ということです。

何故歯磨き粉にフッ素が配合されているかというと、

  1. 歯の再石灰化を促す
  2. 歯を強くする

のためです。

フッ素により歯の再石灰化が促されると、結晶の弱かった部分が徐々に強くなっていき、歯の隙間がなくなるということらしいです。

また、歯の資質自体も強くする効果があるようです。

WHO(世界保健機構)もフッ素配合歯磨きを推奨しています。

これは歯のエナメル質を強くする効果や、虫歯の原因菌が酸を出すのを抑えることで虫歯予防の作用があるからです。

ちなみにこのフッ素化合物は、水道水や昆布、煮干しなどの食品に天然で含まれています。

こう言われると、フッ素がそれほど悪影響があるものとは思えないですよね。

じゃあ、何故フッ素が身体に悪いと言われているのでしょうか?

フッ素の悪影響とは?

フッ素を摂取することで、様々な副作用の可能性があると言われています。

もちろん摂取量にもよります。

ひとつは急性中毒で、下痢や嘔吐、悪心などの症状です。

もうひとつは慢性中毒で、高濃度のフッ素を継続的に摂取することで発生する症状で、歯の色や形に異常が出る場合があります。

但し、これらはあくまでも体内に摂取した場合に起きるものなので、基本的に歯磨き後うがいをすればある程度は体内への摂取は軽減されると思います。

ただ、気になるのは「歯の再石灰化」です。

私は医学に精通しているわけではないので詳しくはわかりませんが、身体の石灰化が進むと、脳卒中や心不全、慢性腎臓病による他の病気のリスクが高まると言われています。

石灰化が進むと血管が硬くなり狭くなり、脳卒中や心筋梗塞が起こりやすくなるそうです。

また、石灰化によって腎臓の働きが低下すると、水分や塩分を十分に排出できないため、血液として循環する体液の量が増え、その結果心臓の負担が大きくなり心不全が起こりやすくなるとも言われています。

もちろんこれらも過剰摂取した場合ということです。

あと気になるのは松果体の石灰化です。

松果体とは、脳の真ん中にあるグリーンピースほどの大きさの内分泌器官で、幸せホルモンであるセロトニンや、睡眠ホルモンといわれる体内時計の役割を担うメラトニンを分泌します。

これらが上手く分泌されないと、ストレス障害やうつ、睡眠障害などの原因となります。

そのホルモンの分泌を行う松果体が石灰化してしまうと、身体だけでなく、精神にも大きな影響を与えてしまうことになりかねません。

結局どうなの?

結局のところ、身体に悪いのか?悪くないのか?ということですが、過剰摂取さえしなければ直ちに悪影響はないと言えるでしょう。

これはフッ素に限らずですが、すべては過ぎないこと(バランス)だと思います。

この記事をご覧いただいている方の中には、オーガニック食品に関心が高い方もおられると思いますが、まさにオーガニック食品と同じで、農薬や化学添加物が入った食品を食べ続けると、身体に悪いということです。

とはいえ、農薬や化学添加物をゼロにできるかというと、これも現実的ではありません。

つまり健康に気遣い意識を高く持つことで、なるべく農薬や化学添加物を避け、オーガニック食品を摂取するというのが理想的ではないでしょうか?

たかだ歯磨き粉、されど歯磨き粉です。

毎日使うものだからこそ、身体への悪影響はできるだけ除外した方が良いというのが私の考え方です。

最近ではフッ素無配合のオーガニック歯磨き粉もたくさん販売されていますので、もし気になる方はオーガニック歯磨き粉に変えてみるのも良いのではないでしょうか。

フッ素無配合の歯磨き粉(オーガニック)

私も1ヶ月程前からフッ素無配合の歯磨き粉に変えてみました。

サラヤのアラウ(arau)という歯磨き粉です。

成分は、炭酸Ca(清掃剤)、水、グリセリン(湿潤剤)、ソルビトール(湿潤剤)、キサンタンガム(粘結剤)、石ケン素地(発泡剤)、カラギーナン(粘結剤)、メントール(香味剤)、レモン果皮油(香味剤)、ハッカ油(香味剤)、セイヨウハッカ油(香味剤)、ローズマリー葉油(香味剤)、シソ葉エキス(湿潤剤)、BG(湿潤剤)で、もちろんフッ素は入っていません。

天然ハーブ100%の香りで、磨いた後も口の中が爽やかです。ネバネバ感も残りません

但し、泡立ちが少ないのが気になりますが、まあしょうがないと割り切っています。

なかなか評判も良いのでおすすめです。

まとめ

やはり大切なのは、身体に悪いものは過剰摂取しないように日頃から心がけるということだと思います。

あまり気にしすぎるのもかえって精神的負担にもなりますので、ほどほどが大切ですね。

常に高い意識で心と身体の健康に気をつけたいものです。